ZEHへの取り組み

ZEH initiatives

ZEHとは

ZEH(ゼッチ)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支が概ねゼロ以下となる住宅」です。

ひと言で言えば「使うエネルギー≦創るエネルギー」になる住宅を指します。ZEHとして認められると、条件によっては補助金を受けることができます。

我が国では「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」という)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。

雅建設は、上記政策目標とその達成に向けたZEHロードマップに基づき、以下のZEH受託率目標を設定し、実現に努めていきたいと考えています。

ZEH公表目標

雅建設は2025年にZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及率が50%以上になることを目標にしています。

普及目標

年号 2020年度
(R2年度)
2021年度
(R3年度)
2022年度
(R4年度)
2023年度
(R5年度)
2024年度
(R6年度)
2025年度
(R7年度)
2030年度
(R12年度)
目標 10% 10% 20% 30% 40% 50% 90%
実績 0% 0% 67% - - - -

ZEHの周知・普及に向けた具体策

ZEHの内容及び、当社の取組状況を、ホームページや自社イベントを活用して周知・普及を行っていきます。また、新築をご検討中のお客様に「ZEH住宅」の情報を説明することで、理解を深めて頂き、普及につながるよう努めます。

コストダウンに向けた具体策

建材・設備等の新商品の情報を取り入れ、最善の選定に努めます。メーカーや取引業者と協議し、コスト削減に努めます。

その他の取り組み等

常に情報収集を行い、自らの知識の向上により、お客様にご理解とご満足を頂けるように取り組み、ZEHのさらなる推進に努めます。 社内全体で省エネルギー化に対する意識を高めていきます。